• ホーム
  • 全身脱毛症でまつげや体毛が脱毛してしまった場合は皮膚科で治療

全身脱毛症でまつげや体毛が脱毛してしまった場合は皮膚科で治療

きれいな目

円形脱毛症や男性型脱毛症、あるいは女性男性型脱毛症(FAGA)などで悩んでいる人は数多くいますが、中には全身脱毛症で悩んでいる人もいることをご存知でしょうか。
全身脱毛症とは、その言葉通り手足だけでなく、まつげや眉毛などの必要な部分の毛まですべて抜けてしまう症状です。
まつげは目を守るためにあるものであり、眉毛がなくなると強面の顔になってしまうのなどの日常生活にも支障が出る場合もあります。
全身脱毛になってしまう原因ははっきりしていませんが、自己免疫疾患が原因の一つと考えられています。
本来、ウイルスや細菌から体を守るはずのリンパ球がまつげや眉毛などの毛根を異物と判断してしまい、それらを攻撃してしまうことにより毛が抜けてしまうことが考えられ、過度な精神的ストレスがきっかけとなることもあります。
また、全身脱毛症の原因の一つにはアトピー性皮膚炎との合併症により全身脱毛症になるケースもあります。
男性型脱毛症や女性男性型脱毛症であれば、育毛剤や髪に良い生活習慣などに気をつけて過ごすことで生えてくることもありますが、この場合は原因がはっきりしないために治療も困難になることがあります。
アトピー性皮膚炎との関連性も高いため、全身脱毛症の治療は主に皮膚科で行います。
皮膚科での治療は、局所免疫療法や、ステロイド剤を使用した自己免疫反応の抑制などの治療を行いますが、円形脱毛症の難治性の脱毛症が全身脱毛症という考えもあるため、様々な療法を用いて治療していきます。
ただ、精神的ストレスが原因やきっかけとなっている場合には皮膚科での治療でなく精神的なケアも必要となってくるので、資料内科などの受診も含めて治療を行っていくようです。
遺伝との関連性も考えられることもありますが、一概にそうとも言えず、まだ確立された原因や治療法は定まっていないのが現状とも言えます。